医師転職の際に注意をしたいポイント

転職を希望する医師の数は年々増えていますが、医療現場で得たスキルや経験を役立てられる職場を見つけるために、慎重に求人探しをすることが重要です。特に、経験のない病院の診療科目を転職先に選ぶ場合には、職場内での研修制度や外部での勉強会の有無などをチェックしながら、無理なく働ける職場の候補を在職中から探しておくことがポイントです。また、手術室や救急救命センターなどの高度な専門性が求められる職場は、賃金が高いところが目立ちますが、思い通りに休みを取れないこともあるため、職場内のスタッフの人数や仕事量などをきちんと把握しておきましょう。その他、スムーズに好条件の求人を選ぶにあたり、医療関係の転職エージェントなどに対応を任せることもおすすめです。

失敗のない医師求人の探し方

医師求人の探し方に失敗をしないためには、医療分野の求人を専門とした転職サイトのシステムを使いこなすことが大切です。特に、転職の経験が少ない場合には、賃金や休日の日数、仕事内容などの条件の選び方が分かりにくいことがあるため、求職者へのサポートが徹底しているサイトを見つけることが大事です。
また、医師求人の中でも給料が高く残業時間が少ないものについては、短期間のうちに採用者が決まることがあるため、いち早く求人担当者にコンタクトを取ることが重要です。その他、医師求人の条件の良しあしにこだわるうえで、各地の実績のある医療機関内の取り組みを調べたり、同年代の医師のレビューに目を通したりするとよいでしょう。