興味のある病院の採用手順を確認しよう

医師がお目当ての病院に転職をするために、早い段階から採用の手順を正しく理解することが重要です。特に、多くの実務経験者に人気のある公立病院や大学病院などでは、採用試験の際に複数回の書類選考や面接が行われることもあり、各医療機関の採用基準や必要となる経験や能力について把握をすることが大事です。
また、人手不足の病院や小規模なクリニックでは、一回の面接ですぐに採用が決まるケースも珍しくなく、新しい転職先でスムーズに働きたい人にとって大きなメリットがあります。なお、転職の経験が少ない人であれば、就職活動の合間を縫って、医療機関の人事担当者が集まる転職相談会などのチャンスを積極的に利用することも良いでしょう。

医師の転職時の求人選びのポイント

医師の転職活動の方法は人それぞれですが、できるだけ過去の経験に近い仕事に携わることのできる職場を選ぶことで、内定の確率を高めることが可能です。また、収入や休日などの待遇にこだわって職場選びをする際には、転職活動のために長い時間が掛かることがあるため、余裕を持って関心のある医療機関の仕事内容やスタッフの働き方に注目をすることがおすすめです。
経験のある医師を対象とした求人の件数は全国的に増えていますが、短期間で条件の良い職場を見つけるために、時には人材紹介会社を頼ることも良いでしょう。なお、医療分野に特化した転職活動に登録をすることで、実務経験やスキルなどに見合った求人情報を短期間のうちにキャッチすることができます。